投資として太陽光発電を考える

最近では太陽光発電システムjを自宅ではない場所へ設置し発電をしている人が多くいます。
これはつまり売電だけを目的とした投資となり、長期的に収益を出していくこととなります。 日本という国は非常に小さな島国なのですが、原子力発電所の数は世界でも有数の保持国となっています。
この現状を見直すためにはやはり多くのご家庭で太陽光発電を導入することが最も賢い方法なのです。太陽光発電は設置をした時の売電価格がその後における売電価格になります。
現在ではその売電価格が従来よりも高めに設定されていますので、投資と考えた時のメリットが高くなっているのです。

 

補助金や価格競争などといったことから、太陽光発電導入時の金額負担が非常に低下してきています。
一昔前は200万円代でしたが現在は150万円前後が主流となっており、投資としては効果的なのです。



投資として太陽光発電を考えるブログ:19/4/16

今や減量ブーム。
その中でマスコミの情報は恐ろしいものです。

テレビで「減量特集」が放送されると、
次の日には、
大きな話題となって世の中に飛び出していきます。

その日を機会に、
ある本が飛ぶように売れたり、
スーパーからある食材だけが品切れ状態になったりします。

そして、
誰もが簡単に減量できるという
「錯覚」に陥ってしまいます。

確かに、
減量は簡単に始められます。

しかし、
食べる事を制限する方法や一定の食材での減量には、
恐ろしい結末が待っています。

前、テレビで
減量の悲劇が取り上げられていました。

キャリアウーマンのSさん(28)は仕事熱心。
仕事に集中していたため、恋人もいませんでした。

ある時、
外資系のエリートサラリーマンとの合コンの話が持ち上がり、
それに向けて減量をスタートさせたのです。

減量内容は、
ライス、お肉は一切取らないで
サラダだけ食べるという過酷な方法でした。
それでも思うように痩せなかったSさんは、
海草類などの食材を一日一食にするようになりました。

そんなある日、
首のあたりに小さな「しこり」があるのに気がつきました。
それから彼女に異変が起こり始めました。

10時起きるとひどい頭痛に悩まされたり…
ふらつきや吐き気を感じ、
嘔吐することもあった…とか。

合コン後も
減量を続けたSさんは、
救急車で病院に運ばれました。

懸命な治療の甲斐なく、
28歳という若さで命を落としてしまいました。
彼女の病名は、結核性髄膜炎。

結核菌が感染し、
脳の髄幕が炎症を起こす疾患のことです。
彼女の場合、
偏った食べる事を続けたことが引き金になったんですね。

命と引き換えの減量…
恐ろしいですよね!