太陽光発電の電力確保量はケースバイケース

太陽光発電を使用して電気を売って利益になるということはあまりありませんが、場合によっては利益を出すことが出来ます。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。 これからの世界は恐ろしい原子力から卒業し、自然の力を最大限利用した電力事情が求められてくることでしょう。
人類の力では原子力の暴走を抑えることが不可能であることから太陽光発電の導入が加速しているのです。電池モジュールを搭載していることから、毎月最低これだけの儲けが見込めるという計算は確かに出来ます。
ただし天候で大きな差が出てきますし、生活環境によってもそれは変わってくるのです。

 

太陽光発電を設置する時に余裕のあるシステムを搭載しておくことで、買電と売電の差が0円となることはよくあります。
今の固定買取制度の売電単価から考えてみますと、買いと売りが逆転しているので儲けを出すことが出来るのです。

硝子体 手術、今すぐ
http://www.otsukiganka.com/shoushi/
お勧めサイト、硝子体 手術におまかせ



太陽光発電の電力確保量はケースバイケースブログ:19/5/19

1週間ほど前、言うことを聞かなくて
約束を守らなかった息子を怒ったんです。

わたしはそれまで
一度も怒ったことがなかったんですね。

まだまだ小さな娘ですし、
できるだけ自由でいて欲しかったので、
ワガママを言おうが、人の話を聞いてなかろうが…

それを責めず、怒らず、許して、
息子のやりたいようにさせていたんです。

ところが、今回は、
言うことを聞かなくて約束を守らなかったことを、
あえて怒ったんです。

わたしは怒ってあげることが
やさしさだと思ったのです。

もしここでわたしが怒らなければ、
息子は将来もっと怒られてもっと痛い目に遭う。
だから、今怒った方がいい…
そう思ったんです。

実際に怒って、
息子がすごく怖がって
自分の世界に引きこもっているのを見ていると、
すごく嫌な気分になりました。

おそらく、
わたし以上に息子は嫌な気分になって、
怖れと痛みで一杯だったでしょう。

それもわかっていた上でやったのですが、
自分がやったことに自信が持てなかった…

やっぱりわたしってやさしくないのかなぁと思いました。
ただを無駄に怖がらせて
無駄息子に傷つけてしまっただけではないかと
不安と迷いで一杯になりました。

少し落ち着いてからこの出来事を振り返ってみると、
「怒る」という表現方法は
ベストではなかったかもしれないけれど、
すごくヘタクソなやり方だけど、
あの時怒ったことは、わたしのやさしさだと思います。

考えてみれば…
今まで見えなかったり気づかなかったりしたけど、

両親や先生や学校の先輩や会社の上司などは、
そんなに嫌な気分になってまで、
嫌われ役や憎まれ役を買ってまで、
それだけ大きなやさしさをわたしに与えてくれてたんですよね。